相続放棄をご検討の方へ

相続についてこんなお悩みありませんか?

  • 亡くなった親族に多額の借金があることが分かり、すぐに相続放棄したい
  • 身内が亡くなってしばらくしてから突然税金や借金の督促状が届いた
  • ほとんど交流のなかった親族の相続問題に関わりたくない
  • 親族が亡くなってから3ヶ月を過ぎてしまっているが、どうしても相続放棄したい

親族が亡くなり、その故人が残した借金の請求や税金の督促に困っていないでしょうか?
家庭裁判所で相続放棄の手続きをすれば、亡くなった方の借金は一切払う必要がなくなります。

また、「故人に借金はないけれど、ほとんど交流のなかった親族の相続問題に関わりたくない…」というお悩みはお持ちではないでしょうか?
この場合にも、相続放棄をすることにより、かかわりを断つことができます。

相続放棄には3か月という期限があり、速やかに書類を提出して手続きする必要がありますので、専門家のサポートを受けることをお勧めいたします。
万が一、3か月の期間が経過してしまった場合にも、相続開始を知った後3か月以上経ってから督促を受けて借金の存在を知った場合であって、借金の存在を知ったときから3か月以内であれば相続放棄ができる可能性があります。

 

弊所に相続放棄の手続をご依頼いただいた場合、お亡くなりになった方の相続財産の調査行い、相続放棄すべきかどうかを慎重にアドバイスさせていただきます。

相続放棄をお考えの方は、実績豊富なルミエール司法書士事務所が手続き全般をお手伝いしますので、ぜひご相談ください。

 

相続放棄をしないとどうなるか?

亡くなった人(被相続人)が財産(資産)よりも負債を多く残しているケースでは、相続人は相続放棄を行わなければ、相続人は原則どおり、被相続人の財産だけでなく負債も引き継ぐことになります。

相続人が被相続人の借金の返済義務を負うことになるので、債権者から督促があれば、相続人が支払わなければなりません。
被相続人の財産を使っても返済できない部分については、相続人自らの財産を使って返済する必要があるということです。

被相続人の借金を相続した後、支払いが困難な状態になれば、債務整理を検討しなければならないこともあります。
被相続人に借金があることがわかった場合、相続人である人は、相続放棄する機会を逃さないよう十分注意しておく必要があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不倫の慰謝料請求・サービス内容説明画像
  2. 返金保証のサービス説明 
  3. 貸金業者のイメージ
  4. 売掛金のイメージ写真
  5. 敷金返還請求イメージ写真

提携先のご紹介

 

PAGE TOP